読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酷道 百井別れ

こんばんは〜

 

 

京阪神では難所と名高き、"百井別れ"に行ってきました。

百井別れとは、酷道国道477号線の一部で、府道38号との合流点です。

酷道マニアには垂涎のスポットです。

カーブに合流しているので三叉路になっています。

 

まぁ、言葉だけで説明するよりも地図を見てもらった方が早いでしょう。

f:id:niseganR:20170204220454p:image

あそこですよ。

f:id:niseganR:20170204220508p:image

477号線上の…

f:id:niseganR:20170204220519p:image

Y字になってるところです。

 

 

f:id:niseganR:20170204223905j:image

ナニを考えたらこんな道が作れるのでしょうか(汗)

サーキットでもお目にかかれないヘアピンカーブです。

しかも峠なので高低差があります。

流石に、何処かのいろは坂哲人鉄人も目を丸くするでしょうし、

そこのMR2使いに至っては確実にサスを壊します。

 

ちなみに三叉路の東側は百井峠、西側は花脊峠(はなせとうげ)と言われています。

 

こんな、素敵愉快なおっかないところだったので、

R25ではなく、カブで行きました。

足つきが圧倒的にいいですし、軽いですしおすし。

スポークホイールなので、路面悪い場所でも行けんじゃねというノリもありました

少なくともR25よりかはオフの適性はあるでしょうね。

 

路面状況が読めないこと、百井別れだけが目的だったので、

府道38号線を北上するルートを採りました。

案の定、道の両側には雪が残っていましたね。

道は雪が溶けてべちゃべちゃという、かなりリスキーな状態でした。

 

f:id:niseganR:20170204224925j:image

ここです。

もうね、バカじゃないかと(褒め言葉)

 

見事な180°コーナーです。

 f:id:niseganR:20170204225732j:image

百井峠側から

低い+鋭角コーナーという絶望的な視界という、

バイクならともかく、自動車なら恐怖でしかないです。

f:id:niseganR:20170204230126j:image

こちらは花脊峠側から

画像では分かりづらいですが、花脊峠の方がまだ道幅があります。

花脊峠→百井峠と行くと、道幅が狭くなるのです。

なので、恐怖心でいうとこちらの方が大きいでしょうね。

おまけに鋭角コーナーですから、自動車なら切り返し必須と言われる始末。

車では絶対、通りたくないですね。

 

 

今回は、百井別れだけでしたが、

国道477号線自体が酷道なので、百井峠や花脊峠など、近場から部分的に攻略して

いずれは477号線制覇したいものです。

 

もちろんバイクで(^^)

 

f:id:niseganR:20170204231517j:image