読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニッサン モータースポーツ体制 考察 中

こんばんは~

本日、日産自動車の本社にて、

ニッサンの2017年の活動計画発表会が行われました。

実車のカラーリングが公表されました。

 

f:id:niseganR:20170219205915j:plain

(画像はhttp://www.as-web.jp/supergt/91931/attachment/05-200から)

うーん(゜-゜)

後ろのグラデーションはともかく、前のカラーリングはなんなんですかね...

赤一色で、のっぺりして、なんというか...間抜けな感じです。

それでも「かっこ悪い」と言い切れないカラーリングで、

これが、レーシングカーの魔法なのかなとも思います。

ちなみに去年はこんな感じです。

f:id:niseganR:20170219210654j:plain

(画像はhttp://www.as-web.jp/supergt/8480/attachment/01-420から)

めちゃくちゃかっこいい!ってわけじゃないですが、

赤とグレーの配色はまとまっており、鉄板のデザインですな。

 

こちらはGT300

f:id:niseganR:20170219211038j:plain

(画像はhttp://www.as-web.jp/supergt/91931/attachment/08-71から)

GT500の色違いのようですがカナードが黒のおかげで、

心なしか引き締まったように見えます。

500もカナードを違う色にすると、間抜けな感じも少しはマシになるでしょう...

ホイールサプライヤーは変わりましたが、

カラーがMOLAのようなシルバーではなくブラックだったので安心しました。

(GT-RはRC Fほど顕著ではありませんが、

ブレーキダストでホイールが汚れるため、

自分は黒以外のホイールはあまり好きではないのです。)

ゼッケンは「23」の方が好きなので

(コアなファンには怒られるかもしれませんが)この部分は嬉しいですね🎶

 

 

さて今回は前回に続き、ニッサンの体制についての考察をしていきます。

あくまで素人の考察です。

自分の(偏った)知識や見てきたものなどを基にした解釈の一つです。

また一人のファンなので、希望的観測や願望をにじみ出ていることもあるでしょう。

見当違い・間違えがあるかもしれませんが、そこは素人による解釈・考察の提案ということで、

御諒解ください。

 

 

考察その二「GT-R GT3はモデルチェンジするのか」
「競争が激化するGT3市場での大幅な戦闘力向上」のために、

GT-R NISMO GT3(R35)エボルーション車を開発するようです。

結論からいうと、

GT-R GT3のモデルチェンジ、

つまりR36の登場は2019年以降になるだろうと自分は考えています。

 

なぜエボルーションモデルを作るのでしょうか。

GT3市場は去年、各欧州メーカーが相次いで新車を投入してきました。

GT3のマーケットが拡大していますし、速さ自体も向上しています。

そんな中で、モデルチェンジをしないとレースでは勝てません。

しかし、GT3という規格は市販車と密接な関係があります。

 

市販車ではイヤーモデル制を採っており、

毎年マイナーチェンジされるR35ですが、

昨年にVモーショングリルの採用等の大きなマイナーチェンジを受けました。

大きな変更をしたということは、売り続けるつもりだということでしょう。

 

第一、ニッサンプレスリリース2018年に向けて

エボルーションモデルを開発すると言っています。

2018年もR35でだましだましやっていくぞということです。

ですからファンは、市販車のR36が発表されるまで、

GT3の新車も待たなければならないでしょう。

その市販車も、ハイブリッドシステムを搭載するという話ですが、

現在ニッサンが力を入れているのは電気自動車。

ニッサンのフラッグシップの明日はどっちなのでしょうか。

 

 

考察3は次のエントリーで...